とちぎリフォーム

古き良きものとの共存が新たな付加価値を見出す家

自然光があふれる明るいリノベーション

栃木県栃木市大平町築37年

定年退職したご主人と奥様から、子供たちの巣立ちと共に暮らし方が変化したこともあり、水廻り設備の古さを感じていたということからスタートしたリノベーション。
食堂室が広いので家族が集まりやすいものの、暗く寒く使い勝手も良くない。まったく使っていない部屋もあれば、廊下にタンスを置いたりと収納の効率がわるい。
そういった住んでいる間にたまっていく不便、不満をお客様と一緒に解消していきました。

CONCEPT

北側のリノベーションなので、特に光を入れることを心がけました。外部からの光と、照明の間接光で明るく演出し、キッチン、パ
ントリー、洗面、トイレなどにハイサイドライトを設置し、北面でも明るい空間と南からの空気の流れを遮らないパッシブデザイン
を心がけました。また、旧来の日本家屋の美しさが感じられる玄関周りは、雰囲気を壊さないデザインを付加。LDKはキッチン周り
に室内建具のラシッサと同柄の面材を使用することにより、空間に一体感とフォーカルポイントを持たせました。

STAFF

北東のLDKでありながら、暗さを感じさせない明るいLDKを心がけました。
スムーズな水廻りへの動線とキッチン背面に大きなパントリーや、脱衣室からウォークインクローゼットに繋がる収納を作りました。
旧来の家屋と共存する部分が多く、印象として古さの中に新しさを折りませ、特に中廊下は温かみのある和風旅館の渡り廊下をイメージに変更しました。
外壁の一部は、既存の漆喰壁と親和性の高い金属外壁を採用し、モダンなイメージとしています。
38年前の名がおりを少し残そうと思い、洋室の格子状の開き戸の扉を脱衣室収納に再利用しました。

  • 岩﨑 正哲

OUT
LINE

施工年月日 2018年4月
施工範囲 170m²
工事費 900万円

無料お見積り