とちぎリフォーム

栃木市|想い出を大切に。笑顔で暮らせる二世帯住宅

建て替えてしまうこと。それも一つの方法かもしれません。しかし、家には大切な想い出が染みついています。たとえば今は亡きお父様の大事にされたカリンの床材。お父様が元気だったころの思い。家族みんなが笑って過ごしていたころの、大切な記憶。家はそんな思いを吸収しています。建て替えではなく、リノベーション。家族の大切な思いを残しつつ、残された人々が暮らしやすく。そんなリノベーションが出来ました。

栃木県栃木市築34年

キッチンを対面に。家族がコミュニケーションを大切にしながらくつろげるLDK。

大谷石の壁をアクセントに。

プライベートも考慮し、二階にもミニキッチンを設置。

亡きお父様との想い出が詰まったカリンの床材。

動線と安全面を考慮し、玄関を移動。外壁を新築同様に。

「アパートから想い出のある実家に帰ってきて、母とまた一緒に暮らせるようになったことがうれしかった。
二世帯が暮らしやすいリノベーションを提案していただいたおかげで毎日快適にくらしています。」
リノベーション後、そんなお言葉をいただきました。
工期も90日と長いものでしたが、ご家族の笑顔に触れることができ、ご満足いただけてわれわれも印象に残る工事となりました。

CONCEPT

お父様亡き後、お一人で生活していたお母様との同居を機にリノベーションを決意。
お互いの生活のペースを考え、二階にもミニキッチンを設置するなど
それぞれが暮らしやすい空間を目指し大幅にリノベーションしました。
お父様との想い出のカリンの床材を再利用し、温もり溢れる二世帯住宅に大変身。
想いでを感じながら、暮らしやすさを実感できる我が家になりました。

STAFF

駐車場から距離のあった玄関を南側に移動。お母様の個室に「カリン」の床材を残し、想い出と共に豊かに暮らせる空間を提案。
共働きのご夫婦なので、お互いの生活パターンを守れるよう2階にも水廻りを確保。
対面キッチンでご家族がコミュニケーションを大切にしながらくつろげるLDKを提案しました。

  • 飯田 勝己

OUT
LINE

施工年月日 2017年12月
施工範囲 105m²
工事費 1500万円