とちぎリフォーム

被災ごみの受け入れについて

とちぎリフォームです。

栃木市の被災ゴミ・土砂の仮置き場の設置延長が決まりました。
栃木市でも11月26日(火)から「り災証明」と「運転免許所等本人確認ができる書類」の提示が必要となります。
り災証明書が未申請の方は、申請後に被災ゴミを持ち込んでくださいとのことです。
また、建物の解体や修理の際に発生した廃材は持ち込みできないとのことですのでお気を付けください。
家庭ゴミのみの受け入れとなり、事業所の発生したものは持ち込めません。

栃木市被災ゴミ・土砂の仮置き場について

 

佐野市では11月30日をもって指定仮置き場が閉鎖になるとのことです。
12月2日からはみかもクリーンセンターでの受け入れになりますが「り災証明」と「運転免許所等の本人確認ができる書類」のほかに
「災害ゴミ搬入届出書」が必要になるとのことです。
栃木市と同じく、家庭ゴミのみの受け入れとなり、事業所の発生したものは持ち込めません。
建物の解体や修理の際に発生した廃材は持ち込みできないとのことですのでお気を付けください。

佐野市災害ごみ・土砂の対応について

写真は佐野市公式twitterよりお借りしました。