とちぎリフォーム

キッチン×ダイニングテーブル

明けない梅雨空にも、夏の蒸し暑さを感じる
今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?
リノベーション事業部の岩崎です。

対面キッチンにすると、一般的にダイニングテーブルを直行させる(T型)レイアウト
が多いですが、6,7年前くらいからキッチンとテーブルを直線に
配置するストレート型も増えてきました。

間取りの制約もあるので、リフォームだと難しいケースもありますが、
レイアウト可能ですと、比較的スペースが有効利用できます。

テーブルを並べるのではなく、いっそキッチンとテーブルを一体化させたキッチン
もあります。
KITCHEN HOUSEというメーカーのサブブランド・グラフテクトをご提案したパースです。

↓↓↓↓↓

メリットは調理スペースからそのまま配膳に移行できたり、、
キッチン天板ですから、そば打ちできたり、熱いものを置いてしまっても
大丈夫です。
デザイン的にもなかなかキッチンに合わせたテーブル選びは
難しいですが、これなら悩む必要もありませんね。

いかがでしたでしょうか?その他、水周りのご相談はとちぎリフォームまで。

施工例写真(グラフテクトHPより)
詳しくはグラフテクト→  https://graftekt.jp/